不妊治療について(鍼灸・手技)

女性をメインにやっておりますので、不妊の相談をされることはよくあります。特に2人目不妊が多く、そういった方は子育てのために自分のケアをする余裕がなかったり、身体だけでなく精神的に疲れているように感じます。

今はネット検索すれば不妊治療を専門とする鍼灸院がいろいろ出てきます。卵巣の状態を画像確認するような治療院もあるそうです。当院はそのように不妊治療だけに特化しているわけではありませんので、

・高度生殖医療までは進んでいない、まだ考えていない
・基礎体温、つけなきゃとは思うけれどやっていない
・基本的な冷え対策などのセルフケアもあまりしていない
・骨盤の状態が良くない気がする
・不妊以外の症状があり、一緒に見てもらえれば・・・

といった、本格的な不妊治療手前の方に向いているかと思います。

現在のところ、自分で動き回ってしまう年齢のお子さんと2人でのご来院には、安全面で対応できていないのですが、待合スペースでお子さんを見ていただける方と3人で一緒にご来院いただければ、治療が可能です。相談だけでもお気軽にどうぞ。

治療としては、

・卵管狭窄、子宮後屈など器質的な問題を病院で指摘されている
・ホルモンバランスの乱れがある
・原因不明

など、状態をよくお伺いし、「手のはり(高麗手指鍼)」「全身を整える鍼灸」「内臓矯正」のいずれか、または併用をご提案します。必要な方、ご希望の方には、ご自宅でのお灸のやり方もお伝えしています。

予算は料金表にあるとおり、5000円(鍼灸のみ)または6500円(鍼灸手技併用)です。オススメは併用です。

治療頻度は、年齢や原因にもよりますが、最初の数回は4〜10日に1回、その後、様子を見ながら間をあけていきます。