鍼灸マッサージ師の私がピラティスをオススメする理由

すでにどこかに書いたつもりで、患者さんにURLを伝えようとしたら、どこにも見当たらない・・・。ので、書きます。

慢性的な首肩こり・腰痛・膝痛で通院されている患者さんから、「自分では何をすればいいですか」と聞かれた際に、必ずといって良いほどオススメするのが「ピラティス」です。患者さんが安全かつ効果的な身体の使い方を体得することを考えたとき、走るより、筋トレするより、泳ぐより、まずはピラティスです。(もちろん、急性症状・強い痛みの方は安静第一です・・・)

タレントやセレブが始めた10年ちょっと前に有名になりましたね。

ピラティスをおすすめする理由

ピラティスの説明は適当なサイトを読んでいただくとして、鍼灸や手技療法で患者さんに触れている私がおすすめするポイントをお伝えすると・・・

  • リハビリが発祥なので、無理なポーズをして体を傷めることがない
  • 無理に良い姿勢を取ろうとしなくても、良い姿勢が一番楽になっていく
  • 背骨をよく動かすので自律神経が整う
  • ある程度の痛みは自分でリリースできるようになる
  • 慢性的な痛みを起こしている原因を自覚できるようになる

です。最後の2つは、基本的な解剖学を理解しているという前提が必要になるかもしれませんが、そうでなくてもある程度は期待できます。

写真でポーズだけ見ると、ヨガと雰囲気はかなり似ていますが、ヨガは本質的な目的が異なります(深すぎて説明しきれないので検索してみてください)。ストレッチ的な目的で気軽にできるヨガレッスンもあるとは思いますが、本格的になるにつれ無理をして体を傷める方も少なくないため、やってみたい・好きという方以外にはオススメしていません。やる場合は、やはり身体のことをよく分かっている先生や、無理をさせないクラスを選ぶと良いと思います。

ピラティスのデメリット

デメリットというより、上記の恩恵を受ける条件としては、

  • 解剖学を理解したインストラクターに学ぶ
  • 最低30回受ける

です。初めの数回はパーソナルレッスン(1対1)で動きを正しく覚え、その後はグループレッスン・時々パーソナルレッスンが理想的だと思います。

唯一のデメリットは、「ちゃんとしたインストラクターから習うと、そこそこの費用がかかってしまう」ことです。習える場所も限られているので時間というコストもかかります。それでも、下に述べる「将来的にどうなるか」で比較すると、無駄とは言えない体験です。

30回というのも、月3、4回と考えたら8〜10ヶ月と長いですが、長年かけて作られた今の姿勢を徐々に補正していくと考えたら、それくらいの期間をかけるのが、安全かつ長持ちするというのはイメージできるかと思います。

ピラティスの創設者のジョセフ・ピラティスの有名な言葉で、

「10回で違いを感じ、20回で見た目が変わり、30回で身体のすべてが変わる」

というものがあります。私自身も、丸1年続けた頃に明確に変化を感じられるようになりました。今はレッスンに通わず自分で寝る前にやる程度になっていて、レッスンを受けていたときが一番身体・姿勢をコントロールできていた感じがあります。

ピラティスを続けると

先に書いた通り、「ある程度の不調は自分でコントロールできる」ようになるため、病院や当院のような鍼灸やマッサージにかかるコストは減ります。

また、ピラティスで体(特に体幹)の使い方を理解・体感することは、あらゆるスポーツ・運動のベースにもなるので、他の趣味を始めた時の怪我のリスクも減ります。これが最大のおすすめポイントかもしれません。「この姿勢で無理をすると痛めるんだ」「この関節はここまで動くものなんだ」と知っていれば、自分のコンディションも自分で分かりますし、無理をしなくなります。

スポーツでなくても、日常生活でもそうですね。関節や筋肉を傷めるのは、その組織が持つ能力以上のことを無理にさせてしまうのが原因です。

当院のような、全身をみる治療も併用していただくことで、相乗効果が出ていきます。

どこでどう習えばいいか

スポーツクラブや地域の健康教室などのグループレッスンより、やはり専門スタジオで習うか、個人レッスンを受けるのが、長い目で見たときには良いです。間違ったやり方で100回やるより、正しいやり方で10回やる方がずっといいからです。

理学療法士の資格を持っているインストラクターが多い団体もありますので(有名なのはPolestarだと思いますが今はもっと増えているかもしれません)、腰痛・ヘルニア、その他関節痛などを抱えている方は、そういったところが安全性が高いと思います。

私も一時はインストラクションを学んで治療に取り入れたいと考えたこともありこういった本を買って読んでいましたが、今のところは治療の勉強が優先で、後回しになっています。治療の最後にちょっと教わっても、家に帰ってやらないですよね(笑)私がそうでした。餅は餅屋・・・。

特に痛みや痺れの症状がない方は、本格的なレッスンかどうかにこだわらず、気軽なお試しレッスンなどを受けてみるのも良いと思います。

個人的におすすめしたいスタジオやインストラクターの方はいますので、許可が取れ次第、お知らせできたらいいなと思っています。

====================
鍼灸ブログランキングに参加しています。
応援してくださる方は是非下記バナーのクリックをお願いします!