オステオパシー治療受けました。

先日、自分が治療を受けるため、オステオパシー専門治療院に行きました。オステオパシーのみでの全身治療は初めてです。ネットで調べた、まったく初めての所だったので、久しぶりに患者さんの気持ちになりました。

いつもは友人や先輩にお願いしているのですが、なかなかタイミングが合わず、セルフケアも追いつかず、限界がきつつあったこの2ヶ月でした。

鍼灸師であることも伝えた上で症状を説明して、お願いしました。ずっと違和感を感じていたのは、頭蓋の中にある、国家試験に出ることもないので鍼灸学校では習わないマニアックな部分なのですが、オステオパシーでは最も大事な部分の1つです。その小さな部位についての解剖学的構造を習い、実際に自分や患者さんの体で位置や動きを感じ取るようになってからは、「私の問題はずっと首が原因と思っていたけど、ここからっぽい」と思うようになりました。今回、全身チェックしてただくと、やはりそこがかなりくっついてしまっていて、左右差も強いとのことでした。対処していただくと「ああー」とじんわり離れていく感覚がありました。

さらに関係ないと思って伝えていなかった「治療に集中している時、右目の奥がうずく」という感覚も、「右目の骨の結合(そこから脳を包む硬膜につながっていく)部分が、こうなっていますね」と指摘&対処されてびっくりしました。

治療を受けながらも帰り道も今こうして書いていても、「あーーーーー私はまだまだだーーー!」という気持ちです。私より多分30年くらい長い経験がある先生なのだから当たり前ですが・・・。私の治療を受けにきてくださる患者さんを、この先生なら何回で治してしまうんだろう・・・と考えたら、もっと勉強していかないと!となぜか早足になりながら帰りました。

 

====================
鍼灸ブログランキングに参加しています。
応援してくださる方は是非下記バナーのクリックをお願いします!