医師からのコメント

痛そう・謎なイメージが強い鍼灸、リラクゼーションのイメージが強い手技療法ですが、不調に対する効果を認めてくださる医師の方々も徐々に増えています。縁があって知り合った先生方からコメントをいただいています。来院しようか迷っている方の参考になれば幸いです。

小児科医の先生から

2017.12

 内臓矯正などの手技を学ぶセミナーで1年間ご一緒した、小児科医の先生からコメントをいただきました。お医者さんの視点から、

  • お子さんを診察していて感じること
  • 代替医療的なセミナーに出ようと思ったきっかけ
  • 代替医療(鍼灸や手技など)に期待すること

などを中心にお話しいただきました。最後に当院の内臓矯正メニューを受けていただいた感想もいただいています。

普段の診療で感じていること

 こんにちは。小児科勤務医をしているYと申します。

小児科をやっていますと、良く診るのが風邪をはじめとする感染症とアレルギー疾患ですね。抗生剤が有効な細菌性感染症とか、ヘルペスウイルス、インフルエンザウイルス感染では抗ウイルス薬が有効で根本治療が出来ますが、その他風邪などは自力で治ってもらいます。アレルギーに関しては、花粉症や食物アレルギーでは、減感作療法が根本治療としてありますが、それ以外は対症療法をするしかないのです。その他自閉症、ADHDなどの発達障害、自律神経失調症なども良く診る疾患ですが、これらも根本治療がありません。

というわけで、ジレンマを感じつつ診療を行なっています。

健康とは何か・・・を考える時、人間の在り様を総合的に考えなければ答えは出ないですね。 人間の構成要素は単にこの肉体だけでは無いはずです。私たちには、感情があり、意志があり、思考があります。それら全てが滞りなく働いて初めて健康であると言えるのだと思っています。

整体との出会い、その活用

さて、そんなジレンマを抱えて良いアプローチは無いかと色々物色している時に、とある整体が、アトピー性皮膚炎などの慢性疾患の治療に素晴らしい効果を上げているという話を耳にしました。

早速お話を伺いに参りましたら、そこでは、人間の持つ自然治癒力を最大限に発揮させる方法を取るとのことで、内臓や頭蓋に対して、治療者の意識の力を及ぼして、健康へ向けて変化させてゆくという方針でした。
試しに受けた施術後、大変に体が軽くなり心の中も軽くなり、今まで思い込みで上手くいかなかった娘との関係も劇的に良くなったのです。そこで、私もその教えを学ぼうとスクールに入りました。
そこで出会いご一緒に学んだのが、このサンフォレスト治療院の院長先生でした。

施術者の意識を使うというと、変に聞こえるかもしれませんね。
しかし、昨今の量子物理学では、電子とか中性子とかの振る舞いは観察者の意識に反応するというのが通説です。つまり、物質はそもそも目に見えない微細なエネルギーが速度を落として凝り固まって出来たもので、そもそもエネルギーなんですね。私たちは、思考したり意識したりするたびに、何らかのエネルギーを発信しています。その証拠に、部屋に怒った人が一人居ると、別に何も言わなくてもモワッとした不快な場になりますよね。それは、その人の怒りの思念エネルギーにその他の人が影響を受けてしまったということなんです。

その整体では、人間の身体はそもそも健康を指向している・・と考えます。それを邪魔するものを排除して、健康になる力を助けると自力で不都合を直してゆくと考えるのです。各臓器毎の自然治癒力を引き出し、全体のエネルギーバランスを取り、自然治癒が起こりやすい身体の環境を整えます。その為には、臓器が嫌がる刺激を与えない様にしないといけませんので、この施術は非常にソフトです。整体とありますが、力技のボキボキやる整体とは全く異なります。普通の整体に慣れて居る方には物足りないかもしれませんが、多分、気がつくと体が軽くなっていたり、今まで気にしていた症状がふと気にならなくなっていたりそんな効き方をします。

症状が強く、西洋医学的な処置が必要な緊急性のある時や、西洋医学で根本治療のある疾患では西洋医学をまず受けた方が良いです。
ただ、不快な症状があるのに病院では検査に異常もなく大丈夫といわれて診察室を出たとか、いまいち元気が出ないとか、慢性疾患で病院では治らないと言われてしまったとか、そんな方々には時にびっくりする様な結果が出るかもしれません。もちろん、人により様々ですので保証はできませんが・・・。
未病の状態の方〜健康のメンテナンスをご希望の方にむしろ最適では無いかと思います。

当院で施術を受けて…

実際に、施術して頂きました。お人柄通り、とてもソフトで気持ち良い施術でした。施術中から眠くなり爆睡しました(笑)終了後、ふわふわした感覚になりそれが落ち着くと、体全体が軽くなりました。あぁ、効いているな・・と思いましたよ、上手いです(^ ^)私よりずっと上手ですね(笑)

一度是非施術を受けてみて下さい。 まず、気持ちいいですよ。

内科医の先生から

2017.10

 気功・太極拳を通じて知り合い、当院でも施術を受けていただいている心療内科・漢方内科医の先生より、紹介コメントをいただきました。インタビューも別ページに記載していますのでご覧ください。

 現代の生活は、どうしても自然との触れ合いが少なく、情報過剰のため、慢性的な過緊張気味の生活です。私自身も、デスクワークの時間や、PCやスマートフォンの作業で、緊張が知らず知らずに蓄積します。静電気も蓄積してよくバチバチしています。また、自分でも気づかないようなコリが、筋肉(骨格筋)だけでなく、内臓や細胞レベルでも蓄積しているように感じます。
日常の診療でも、過緊張のためから来ると思われる、自律神経の不調、背骨周りの凝り、原因不明の症状、腸内環境の不調、ホルモンバランスの崩れ、低体温や免疫低下などを多く見かけるようになっています。
西洋医学では、緊急時の対処には優れるのですが、体質改善にはつながりにくく、慢性的な薬の飲みすぎは、身体のメッセージを無視してしまうリスクもあります。
東洋医学では、感情や緊張などの凝りが、お腹や、背骨周りの内蔵に蓄積しやすいと考えられています。こちらの施術では、身体の深い部分にアプローチしながら、かたく縮こまった身体はもちろん、感情や、思考までも、ゆったりとした時間の流れの中で、ほどけていくのを感じられます。終わった後は、味覚や嗅覚などの感性も良くなってくる感じがします。
特に、内臓矯正との組み合わせは、ヒーリング効果抜群で、ふんわりとしたソフトな手技が心地よく、効果を体感しやすく、お薦めです。先生の優しい人柄にも惹かれる方が多いと思います。痛み・不調の改善や体質改善としてはもちろん、普段頑張っている自分への「ありがとう」のご褒美にもいかがでしょうか。

※先生の健康教室情報はこちら(URL

別ページに先生へのインタビューも記載いたしましたので、併せてご覧ください。
内科医の先生にインタビュー