治療を受けられない方へ

治療に興味を持っていただいたり、受けたいと思っていただいても、色々な理由(日時の都合がつかない、遠い、金額的に通い続けるのは難しい、男性だから、など)で通えない方もいらっしゃると思います。

自宅で試せる養生気功「撼天柱」を

そのような場合に、まず試していただきたいのが、気功での養生の1つ、「撼天柱(かんてんちゅう)」です。気功はちょっと怪しいイメージを持つ方もいるので、今までは通院中かつ興味のある方にだけおすすめしていました。でも、コロナの影響であまり外出できない方もいらっしゃり、不調が出やすくなってきていますので、怪しまれても気にせず紹介していこうと思います😁

撼天柱は、こちらのDVD付きブックの中で、解説文と動画が確認できます。

おすすめしている理由は、以下の通りです。

  • 背骨を1つ1つ、ゆっくりと螺旋状に動かす、シンプルな動き
  • あぐらをかくか、椅子に座るだけのスペースがあればできる
  • 所要時間は20分程(回数の調整でもっと長くも短くもできます)
  • 一度動きを覚えてしまえば一生ものの財産になる
猫、撼天柱中…

どんな症状に効果があったかという声も書籍の中で紹介されています。基本的には自律神経・脊髄神経の症状にはとても良い動きです。

普段の施術の中で、色々な方の体を見てきて、自律神経・脊髄神経系の症状がある方に共通するのが「カチカチの背骨」ということ。老化現象の1つでもありますし、若くても睡眠不足・運動不足・精神的ストレス・外傷でも固まってきます。これを1つ1つ動くようにすると、体がリラックスし、軸が一本通ったような感じになり、気持ちが落ち着き、意識がスッキリしてきます。

3日続けてみると、何かしらの変化を感じられるはずです。

私も頸椎(背骨の首の部分)が弱いので、体調が落ちてくると手足がピリピリ痺れる感じが出てきてしまいます。最初に強く症状が出た時にこの気功に出会い、2日続けてやっただけで、心身が楽になりました。そこから著者である中先生の気功を習うようになりました。

特に症状がない時でもやってみると、「あれ、この方向のこの角度だけ回しにくい」「ここだけ引っ掛かる」というのが分かります。普段意識できていない所に意識がいく、それだけで体が変化しやすくなっていきます。通院されている方がやれば、治療の効果が長持ちするというのも、おすすめポイントの1つです。

書籍での説明の中に、「大切なことは、結果を期待せず、快・不快にもとらわれない不動の心を持つことです」とさらりと書いてありますが、実際は良くなりたくてやるのですから、「これは効いた」「これは効かない」とすぐジャッジしたり、飽きてはまた新しい情報を探してしまう自分に気付きます。「不動の心」の境地に達せたら、私の治療は必要ないかもしれません😅

実際の気功講習の中では、このような精神世界の話も出てくるので怪しさがあるのかも知れませんが、宗教ではありません。気功をやると身体だけでなく、心や魂のレベルに影響が出るのが分かります。気功をして気が通りやすくなった体で、善く生きるための話を聴けるというのは貴重な体験です。

1,650円以上の価値があります

書籍は現在1,650円です。今まで治療の仕事や気功をやってきた私の価値観でいうと、撼天柱を習得できるだけでも書籍代の5倍以上の価値はあります。

当サイトでインタビューした知り合いのお医者さんも、日々の診療の中で、患者さんにこの「撼天柱」を指導しているそうです。

撼天柱以外にも沢山の気功法が紹介されていますので、一通りやってみて、撼天柱以外にこれはと思うものがあるかもしれません。その場合はそれを続けてみてください。

体調が悪く塞ぎがちな周囲の人に、貸したり贈ったりするのも良いと思います。