練馬区中村橋|11:00~19:00|定休:月木|予約制

産後の鍼灸治療

産後の鍼灸治療

鍼灸治療によるケアは、産前同様、もしくはそれ以上に、産後にも非常におすすめです。出産時・授乳等で消耗している腎の気や血(けつ)など補うのは必須になります。

治療ができる時期としては、

産前:安定期が過ぎてから
産後:悪露ができってから(帝王切開の場合は退院後1ヶ月以降)

を目安にお受けしています(女性鍼灸師フォーラムセミナーの内容を参考にしています)。初めての方はできる限り、睡眠不足ではない体調の良い時にいらしてください。鍼が不安であれば、無理にすることはありません。さするだけの刺さない鍼やお灸、手技で対応いたします。帝王切開の場合は傷に直接触れることはありませんのでご安心ください(1年以上経って、引きつれや癒着が気になる場合は、希望があれば触診・鍼灸をすることはあります)。

また、小学生になる子供がいる患者さんに、子供向けのケアの方法や養生を伝えると、「子供がもっと小さい時に知れたら良かったのになー」と言われることが多く、お母さん自身&赤ちゃんのケア、両方伝えられたらより良いなと思っています。

====================

鍼灸ブログランキングに参加しています。
応援してくださる方は是非下記バナーのクリックをお願いします!